フォト『間際のレディースたち』コメント:救いがないようです、最後にポツポツ精力の起こるフォト

こういうムービーは、三母親が長女と妹を大きく憎んである支度から始まります。15クラス事前、両親亡き後、当時いまだにハイスクールの人を置いて出て行き、今の今まで一度も帰ってこなかったからだ。三母親が癇を爆発させ、それに長女が敵対し、妹がどっか冷静にその兆候を眺めている画図は、救いの薄い内情をただただ突きつけられているようで痛々しいです。

しかし、物語がすすむにつれ、三方とも他にいく心当たりも無く、自宅に「返るべくして戻ってきた」ということがわかります。それぞれが、それぞれの悪循環、赴き辛さを胸に秘めて生きているのです。

ムービーの大詰めで、それまでもっと強がっていた三母親が、癇、叫びながら、自分のもろい点を吐き出します。そして、自分の談話を無視して踊り積み重ねる長女につかみかかりますが、通常抱きついて泣くようなパターンになり、そこに、兆候を眺めていた妹もボディーを繰り返します。

表面上は憎み合っていても、結局は兄弟、所帯。三母親が再三見せる「まぁ、何とかなるか」という文言。大詰めで妹がたちまち見せつける「また先々を前向きに生きていくぞ!」という趣旨の言明。他に寄りかかるものが尽きても、兄弟3方で寄り添って力強く生きていくのです。

最後にポツポツ救われ、熱情をなくなるムービーでした。http://つぶより野菜.net/