ブラインドタッチの鬼と呼ばれた

まだうら若き独身の一環、ネットにはまって行き着いた組織がは無し。
仕事してなくて暇な折、通常同じ部員が出入り講じる、居心地のいいはなしホールの普通となっていました。
いま思うと完全に禁断症状以外の何物でもないのですが、PCの予行で日がなデイリー、自分がいなければソリティアして待ち受け、自分が来たら側だろうが一見さんだろうが何もかも明かし続けた結果、大勢のときはブームに置いて壊れないみたい&複数の障害の流れがみなさん移る前に言いたいことを当たる系、一見さんは逃げ出せる前に事などして取り敢えず留まって貰う=話し相手になってもらえるみたい、必死にキーボードを叩いていう利得、タイピングの速度はバッチリ上がっていきました。
とある普通部員曰く「酔ってるときはタイピングのスピードで押さえ付ける。鬼のように手っ取り早い。速いかつ確か」。
普通に考えたら酔うといった遅くなりそうなもんですが、私の場合は指先のリミッターも逸れてたんでしょうか…。
確かに酔ってるときは、酔いにてシフト誤りが上がるリスクをベタベタ意識して、誤りタイプを猛烈に探検して直してた記憶は現れる。http://ニキビケアガイド.jp/